日本代表:2018ロシアW杯特集(11)3月親善試合招集メンバーを勝手に予想

 3月15日に発表される日本代表メンバーを予想してみた。昨年11月のヨーロッパ遠征では25名(GK:3名、DF:8名、MF:7名、FW:7名)招集されていたので、25名で予想選出を行った。

3月:親善試合招集メンバーを予想してみた

※選手名敬称略

[GK] 川島永嗣(メス/フランス)
西川周作(浦和レッズ/日本)
中村航輔(柏レイソル/日本)

[DF] 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ/日本)
鈴木大輔(タラゴナ/スペイン2部)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
遠藤航(浦和レッズ/日本)
昌司源(鹿島アントラーズ/日本)
植田直通(鹿島アントラーズ/日本)

[MF] 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
柏木陽介(浦和レッズ/日本)
加藤垣平(ベロエ/ブルガリア)
山口蛍(セレッソ大阪/日本)
森岡亮太(アンデルレヒト/ベルギー)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
井手口陽介(レオネサ/スペイン2部)

[FW] 本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
原口元気(デュセルドルフ/ドイツ2部)
宇佐美貴史(デュセルドルフ/ドイツ2部)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)

【注意】
※FOOTBALL NOTEが3月13日に発表した予想メンバーです。

あとがき

 中島選手のA代表初選出。ここ4試合連続ゴールと絶好調の宇佐美選手、センターバックの鈴木選手、ボランチの加藤選手のA代表復帰があるのではないか?と選んでいったらほぼ海外組での構成になった。

 国内組にも良い選手がたくさんいるのでは!?とクレームが来そうだが、私の中ではどうしてもE-1の悪い印象が残っているので消極的となった。今週もミッドウィークにはACLとルヴァン杯、週末にはリーグ戦。そしてベルギーへ移動。1週間に2試合をこなすスケジュールの中で、選手のコンディション調整が厳しいのでは?と判断し、移動負担の少ない海外組でのメンバー構成になったことを改めて説明しておきます。

 一方、海外組でこれまで常連だった久保選手、浅野選手は所属チームで結果を残せていないので、今回の予想選出から見送った。

※本田選手、乾選手、原口選手については、過去のデータからFWとして選出した。

 海外組中心の構成になったが、少し問題も抱えている。鈴木選手、井手口選手がここ最近の試合で出場機会を失っていることだ。だが、センターバックと中盤の守備的な選手の変わりが見当たらなかったので、現状のコンディションを手元で見るために招集される可能性もあると考えている。

 今の代表の問題点は親善試合を前に怪我人が続出していることだ。海外組では香川選手、吉田選手。国内組では今野選手、清武選手、内田選手。現在リハビリ中で復帰の目途が立っていない。岡崎選手は怪我から復帰し先日のリーグ戦に先発出場したが、怪我明けということもあり今回は招集されないと見ている。といってもこの6名はこれまでの実績があるので、W杯までに間に合わせてくれれば問題ないと私は見ている。あとは監督がどういう決断を下すかに注目したい。

 最後にFOOTBALL NOTEでオススメしていた選手について。海外組の堂安律選手は左サイドの攻撃的なポジションは激戦区となっている。他の選手との比較やチームバランスを考えて今回は予想選出も見送った。他にもサイドバックのバックアッパーとして候補に入ってほしかった、太田宏介選手と室屋成選手だが、所属チームのFC東京が低迷していることを理由に予想選出も見送った。

 以上が、FOOTBALL NOTE編集長のメンバーを選んだ理由と選出外とした理由です。あとは15日の正式発表を待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です