日本代表:2018ロシアW杯特集(26)予備登録メンバー35名が非公開!?

 5月14日、ロシアW杯予備登録メンバーリストの期限を翌15日に控え、いよいよ35名が決まる。

 当然のように予備登録メンバー35名が公表されると思っていた矢先、日本サッカー協会の方針で選手名は非公開になったようだ。

 協会は「鎖国サッカー」という方針を取った。と私は理解している。

 プレーするのは選手だが、ここまで隠す必要はあるのだろうか?皮肉だが日本サッカー協会が主導する「自分たちのサッカー」なのかもしれない。

 ハリルホジッチ氏電撃解任から薄々気になっていたが、サッカー日本代表は、関連企業が儲けるためのビジネスコンテンツに成り下がってしまった。

 今回グループリーグで対戦する、ポーランド、コロンビアは予備登録メンバー35名を発表している。韓国は既に本大会メンバー23名と予備登録メンバーの5名の28名を発表している。

 日本代表にも同じことを求めたかったのは、ハリルホジッチ氏解任の混乱がまだ少なからず残っていることが理由に挙げられる。一枚岩になってW杯本大会へ向かうためには、尚更35名を発表しておくべきだったのではないか。

 最終メンバー23人の登録期限は6月4日だが、この時期になってある程度のメンバー構成すらわからないのは、どうしたものか。

 ちなみにだが、2014年ブラジルW杯の時のメンバー発表は、予備登録リストの期限を前に、本大会メンバー23名と予備登録メンバー7名を発表する形式を取っていた。

日本サッカー協会の解体を要求する

 FIFAが締切を5月15日と決まっているので35名の選考作業は終えているはずだ。それにも関わらず、わざわざ非公開にする意味がわからない。

 ハリルホジッチ氏電撃解任に始まり、解任理由が選手とのコミュニケーションが薄れてきたからというプロらしからぬ理由。この2ヶ月で起こった出来事、会長の発言など…サッカー協会には失望しかない。

 こんな責任の所存も明確にできない組織は、一度壊した方が良い。

 仮にロシアW杯で例え史上初のベスト8進出。決勝トーナメント進出という結果を出したとしても。次の任期まで現体制が継続されるなら間違いなくファンは離れる。

 そこで1つ提案したい。
 W杯終了後に新日本サッカー協会(仮)のGMに、中田英寿氏を起用するのはどうだろうか?

 以前、あるテレビ番組での会談で「僕は協会の人間から嫌われているから」と発言していたが、現体制を解体しゼロから新しくスタートするならチャンスはあるはずだ。

あとがき

 5月18日、30日に行われるガーナ戦の招集メンバーを発表するようなので、ここで大まかなメンバーがわかるだろう。

 サッカー協会は、予備登録した35名の選手へ通告はしているのだろうか?世間一般に発表出来なくても、選手には伝える義務があると思うが…。

 選手に伝えているなら一般に公表しても良いのでは…。非公開の判断は理解に苦しむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です