サッカー日本代表:W杯本大会前の親善試合について

W杯本大会前の親善試合の位置づけ。

 選手のコンディション確認、フォーメーションの確認、新たにトライする布陣など、本大会に臨むための準備期間であることの方が大きい。

 試合のマッチメイクによってはグループリーグで対戦する相手の仮想○○ということで設定し試合を行うこともある。

 例えば、南アフリカW杯の時は、グループリーグでカメルーン、オランダ、デンマークということで仮想カメルーンにはコートジボワール、仮想オランダ、デンマークにはイングランドというように同大陸のチームとの試合を行っている。

 一方で、ブラジルW杯の時は、グループリーグでコートジボワール、ギリシャ、コロンビアということだったが、南米チームとの対戦は無し。仮想コートジボワールにはザンビア、仮想ギリシャにはキプロスだった。

※サッカーのスタイルが同じタイプかどうかまでは不明。

 この時期の親善試合は絶対に勝利が必要というわけではない。

 メディアはこの時期の親善試合に負けただけで不安を仰ぐが、サッカーの内容が悪くなければそれだけで良い。不協和音でチームが崩壊しないかだけが気がかりだ。過度の仲良しアピールもいらない。チームの完成度の答えは試合のピッチにある。

 また親善試合に全勝したからといって、そのままW杯本大会で勝ち進むとは限らない。2010年、2014年のW杯本大会前の親善試合の戦績をまとめてみた。

2010年南アフリカW杯前

[5月24日;埼玉] 日本 0-2 韓国

[5月30日;オーストリア] 日本 1-2 イングランド

[6月4日;スイス] 日本 0-2 コートジボワール

【本大会】ベスト16
(グループリーグ)
日本 1-0 カメルーン
日本 0-1 オランダ
日本 3-1 デンマーク
※グループ2位で決勝トーナメント進出。

(決勝トーナメント1回戦)
日本 0-0 パラグアイ
(PK.3-5)

2014年ブラジルW杯前

[5月27日;埼玉] 日本 1-0 キプロス

[6月2日;アメリカ・タンパ] 日本 3-1 コスタリカ

[6月6日;アメリカ・タンパ] 日本 4-3 ザンビア

【本大会】
日本 1-2 コートジボワール
日本 0-0 ギリシャ
日本 1-4 コロンビア
※1分2敗でグループリーグ敗退

2018年ロシアW杯前

[5月30日;横浜] 日本 0-2 ガーナ

[6月9日;2時キックオフ] 日本 スイス

[6月12日;22時キックオフ] 日本 パラグアイ

【本大会】??
日本 コロンビア
日本 セネガル
日本 ポーランド

※勝負の6月。日本代表に吹く風は、追い風か?向かい風か?

あとがき

 今回は直前の監督交代ということで、これまでの実績データが全く使えないから仮説と検証が積極的に行えない。ライター泣かせになってしまった。

 今回は親善試合を参考に、W杯本大会での戦い方を検証していきたい。その代わり日本代表の試合レビューは積極的に書いていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です