日本代表/U21:2018アジア大会決勝トーナメント準決勝(UAE戦)

 決勝トーナメント準決勝で日本代表はUAEと対戦した。

[決勝トーナメント準決勝]

○日本(U21) 1-0 UAE(U23)
【スタメン】
GK:小島亨介
DF:杉岡大暉
DF:原輝綺
DF:立田悠悟
MF:初瀬亮
MF:遠藤渓太
MF:神谷優太
MF:渡辺皓太
MF:岩崎悠人
FW:旗手怜央
FW:前田大然

【得点者】
後半33分:上田綺世

【簡易考察】

 中1日の強行日程に加え、ディフェンスリーダーの板倉選手が累積警告での出場停止。総力戦を予想していたが1点を争う接戦となった。

 日本は少しメンバーを入れ替えてきたが、ここまで好調の岩崎選手、前田選手は先発フル出場している。
 調子が良いからなのかボールがよく集まってくるように思えた。あとは決定力がつけば…という印象。

 後半19分から投入された上田選手がきっちりゴールを決めるなど、采配も的中した。
 渡辺選手の高い位置からのボール奪取が決勝点を生んだと言っていい。
 これをアジアだけではなく、ヨーロッパ、南米のチームとの試合でも出来れば、日本は次のステージにいけるはず。

あとがき

 現地時間9月1日に行われる決勝戦で、日本は韓国と激突する。
 兵役免除をかけてオーバーエイジ枠を使いアジア大会制覇を目標に来ている韓国と、2020東京オリンピックを視野に入れたメンバー構成となっている日本。
 難しい試合になると思うが、日韓戦らしい試合をしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です