サッカーU-24日本代表/Road to 東京(12)国際親善試合/ジャマイカ代表マッチレポート

東京五輪本大会メンバー発表前、最後のテストマッチとなったジャマイカ代表戦。ちなみにジャマイカはU-24代表ではなくA代表のメンバーだったので戦前は難しい試合になるもののと思っていた。

マッチレポート

オーバーエイジ3選手が入っただけでここまでU-24日本代表チームが変わるのかと驚いている。この試合も守備が安定していて、フル代表のジャマイカを相手にしてもシュート1本に抑えた。ゴールキーパーの見せ場が無かったが、選考にどういう影響が出るのだろうか。

2試合連続で大量リードの完封勝利。チームとして東京五輪本大会に向けて現時点ではベストといっても良いだろう。

若い世代だから1年延期となったのがプラスになっているように思う。特に攻撃陣は昨年の同時期と比較しても目に見えて進化しているプレーが多かった。

少し残念だったのはジャマイカ代表のパフォーマンスに物足りなさを感じたこと。先日行われたセルビア代表との試合は1対1で引き分けているので、そこまでコンディションが落ちることはないと思っていたが、全体的に体が重たそうなプレーだったので、大勝に関しては割り引く必要があるかな。

この2試合の起用法からある程度本大会メンバーは絞れてきたように感じる。
センターバックのコンビは吉田選手、冨安選手。右サイドバックは酒井選手、ダブルボランチのコンビは遠藤選手と田中選手。2列目は堂安選手、久保選手、左サイドは三苫選手または相馬選手。ここに挙げた選手は本大会メンバー当確と行って良いだろう。

1トップは上田選手がややリード。守護神は谷選手が1番手かな。
ジャマイカ戦はベンチ外で欠場となったが板倉選手もほぼ当確だろう。ボランチ、センターバックのバックアップとしてもそうだが、グループリーグで対戦するフランス、メキシコの試合は、遠藤選手とダブルボランチを組んで守備を強化した方が良さそうな感じはしている。

あとはメンバー発表の日まで楽しみに待つとしよう。

マッチレビュー

U-24日本代表 4-0 ジャマイカ代表

【得点者:日本代表】
前半32分;久保建英
前半42分;遠藤航
後半12分;上田綺世
後半19分;堂安律

U-24代表スターティングイレブン

【フォーメーション:4-2-3-1】

()内は交代出場した選手
===================

        前田大然
       (上田綺世)

  三笘薫   久保建英   堂安律
 (相馬勇紀) (食野亮太郎) (三好康児)

     田中碧    遠藤航

旗手怜央 町田浩樹 吉田麻也 酒井宏樹
(橋岡大樹)(瀬古歩夢)

        谷晃生
       (鈴木彩艶)

===================

日本代表スタッツ

ボール支配率 :52%
シュート数  :18本
枠内シュート : 8本
パス成功率  :83%(488本)
オフサイド  : 6回
フリーキック :14本
コーナーキック: 6本

スタジアム/現地情報

スタジアム:豊田スタジアム
観客数  :4.209人
天候   :晴れ
気温   :27.7℃
湿度   :46%

招集メンバー

[GK]

1.大迫敬介(サンフレッチェ広島)
12.沖悠哉 (鹿島アントラーズ)
23.谷晃生 (湘南ベルマーレ)
24.鈴木彩艶(浦和レッズ)

[DF]

22.吉田麻也(サンプドリア/イタリア)※OA
19.酒井宏樹(マルセイユ/フランス) ※OA
5.町田浩樹(鹿島アントラーズ)
20.旗手怜央(川崎フロンターレ)
15.古賀太陽(柏レイソル)
27.橋岡大樹(シント・トロイデン/ベルギー)
2.菅原由勢(AZ/オランダ)

[MF]

6.遠藤航 (シュトゥットガルト/ドイツ)※OA
4.板倉滉 (フローニンゲン/オランダ)
3.中山雄太(ズウォレ/オランダ)
14.相馬勇紀(名古屋グランパス)
8.三好康児(アントワープ/ベルギー)
7.三笘薫 (川崎フロンターレ)
21.遠藤渓太(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
10.堂安律 (ビーレフェルト/ドイツ)
18.食野亮太郎(リオ・アヴェ/ポルトガル)
17.田中碧 (川崎フロンターレ)
11.久保建英(ヘタフェ/スペイン)

[FW]

9.林大地 (サガン鳥栖)
25.前田大然(横浜F・マリノス)
26.上田綺世(鹿島アントラーズ)
13.田川亨介(FC東京)

[追加招集]

28.瀬古歩夢(セレッソ大阪)

[離脱]

16.冨安健洋(ボローニャ/イタリア)※怪我/右膝違和感

あとがき

オーバーエイジの3選手が加入し、オーバーエイジ3選手を同時起用した時のテストしなかったのが唯一の不安要素だと思う。もしA代表vsU-24打表の強化試合がそうだったなら東京五輪で金メダルを獲得するのは夢のまた夢だ。

そもそもオーバーエイジの代わりがいないのは前提だが、守備の選手なのでイエローカードの累積で出場できない試合も出てくる可能性がある。オーバーエイジ3選手を同時起用出来ない試合も想定しておかないと、自国開催といえどグループリーグ敗退もありえる。

ABOUTこの記事をかいた人

FOOTBALL NOTE編集長。1983年6月13日生まれ。岡山県出身。フットボールをテーマにした読者の知的好奇心を刺激するコンテンツ作りに着手し「FOOTBALL NOTE」を立ち上げる。コンセプトは「世界のフットボール情報がここにある」※お問い合わせはコチラからどうぞ