2017アジアツアー現地観戦記(セレッソ大阪対セビージャ)

 2017年7月17日。
 ヤンマー長居スタジアムで行われたStubHubワールドチャレンジ2017、セレッソ大阪対セビージャFCの試合を現地観戦してきました。

 この日は私が参加しているフットサルチームのメンバーを誘って観戦に行きました。事前にチケットを2枚買っておいてよかった…。

セビージャの選手の上手さに圧倒された

 スペインでは練習から上手い。いう話をメディアを通して聞いたことはありましたが、試合前のウォーミングアップも見ましたが、確かに練習から上手かった。

 試合中でもパス、トラップといった基本的なプレーでミスがないこと。シンプルなプレーで派手さはないが、究極の技術を見せられたイメージを持った。

 前半30分くらいまでミスらしいミスをしないセビージャの選手を見て、背番号をメモしてハーフタイムにグーグルでどんな選手が検索している自分がいた。

 試合は、1対3でセビージャが勝利した。

スタジアムの雰囲気

 親善試合でしたが、セレッソサポーターの熱さは感じた。サポーター同士の会話に耳を傾けると、案外シビアにプレー解析しているサポーターが多かった。

 ほとんどがセレッソのレプリカユニフォームを着ているサポーターだった印象。それだけセビージャのレプリカユニフォームを着ている人が少なかった。

 この試合の入場者数は14,504人だった。

 浦和レッズ対ドルトムントの試合から中1日だったので、ここまで集客力に差が出るのかと愕然とした。3連休の最終日でしたが、夕方キックオフだったのでもっと入っても良かったかなと思う。

 この試合はDAZNでライブ配信され、関西方面では深夜に録画放送されていたようですが、ネットでもそこまで記事として上がっていなかったのは残念だった。

 セレッソに復帰する前にセビージャに在籍していた清武選手が怪我での欠場がなければもっと盛り上がっていたのかな。

あとがき

 セビージャのアジアツアーは17日にセレッソと対戦後、22日に鹿島アントラーズと対戦することになっていた。鹿島との一戦は現地観戦に行けませんでしたが、セレッソとの戦いを見ているとセビージャの勝利は間違いないと思っていました。しかし試合の結果を確認すると鹿島が2対0でセビージャに勝利。これには正直驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です