レスター岡崎選手の起用法に疑問を感じることは多い

 イングランド・プレミアリーグ、レスターシティに所属する岡崎慎司選手。皆さんは覚えているだろうか?2015-16シーズン、プレミアリーグ制覇を成し遂げた1年を。

 2015-16シーズン開幕前、イギリスのブックメーカーが設定した優勝オッズが超大穴の5001倍という下馬評を覆しリーグ優勝を決めたレスターのレギュラーメンバーの中には岡崎選手がいた。ヴァーディー選手とのツートップは現在もレスターの1つの武器だ。

 2016-17シーズンは更なる飛躍を期待されたが、リーグ戦は12勝18敗8分の12位に終わり、チャンピオンズリーグではクラブ史上初のベスト8に進出するも準々決勝で敗退となった。

 そして2017-18シーズン、岡崎選手にとってレスターでの勝負の3年目を迎えることになる。

チーム得点王ヴァーディー選手に次ぐ2番目のゴールゲッターなのに

 2017-18シーズン開幕。岡崎選手はプレミアリーグ開幕戦で、アーセナルを相手に1点ビハインドの前半5分にヘディングで同点ゴールを決め幸先の良いスタートを切った。開幕戦には敗れたが、今季レスターのファーストゴールを飾り、このままエースのヴァーディー選手とツートップを組む1番手の候補は岡崎選手だと思っていた。

 しかし、その後は先発出場する試合は途中交代が多く、先発を外れた試合は途中出場が続いたりと流動的な起用が続いた。シーズン途中にシェイクスピア監督からピュエル監督に代わったことも影響があったのかもしれない。それでも今シーズンは起用されれば少なからず結果を出してきた。第9節までに4ゴールを決め、この時点ではヴァーディー選手に次ぐチーム2位のゴールゲッターとなっていた。

 レスターの攻撃の中心はヴァーディー選手とマフレズ選手で間違いない。チームは移籍市場が開くたびに、ムサ選手、スリマニ選手、ウジョア選手といったFWを獲得してきたことでポジション争いが激しくなり、岡崎選手の出番が限られてしまうこともあったがその度にポジションを奪い返してきた。

 監督の起用法を見る限り、岡崎選手のチーム内での立ち位置を象徴しているのかもしれないが、レスターでヴァーディー選手の相棒といえば岡崎選手だと証明してほしい。

サウサンプトン吉田選手との日本人対決が実現

 2017年12月13日、サウサンプトンの吉田選手との一戦で、岡崎選手も先発出場を飾り日本人対決が実現。

 試合は、雨で濡れたピッチでも岡崎選手が躍動し2ゴール1アシストの大活躍!チーム3点目もアシストには繋がらなかったが、ゴール前でつぶれ役となり味方選手をフリーにした動きがあったから生まれたゴールであり、文句なしのMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれた!

 一方、吉田選手はコーナーキックからヘディングでゴールを奪い一矢報いるも、レスターの4点目は、岡崎選手が吉田選手の後ろからニアサイドに走り込み、吉田選手の目の前でゴールを決めるという吉田選手にとって悔しい失点の場面となった。

 岡崎選手、吉田選手ともに先発フル出場した試合において、プレミアリーグで複数の日本人選手が1試合でゴールを決める初の快挙となった!!

 さらに岡崎選手はこの試合でプレミアリーグで自身初の1試合2ゴールをマーク。今シーズンのリーグ戦での得点数を6に伸ばし、2015-16シーズンの5ゴールを上回った。なお、この試合が岡崎選手にとって今季リーグ戦で初のフル出場となった。

 この試合の活躍で次節もスタメンかと思えばベンチスタート。岡崎選手は2点ビハインドの後半32分から途中出場するもホームで0対3と完敗した。その後も流動的な起用が続き、2018年1月1日に行われた試合が今季2試合目のフル出場となった。

あとがき

 岡崎選手の前線からの積極的な守備がチームに安定をもたらせているのではと考えている。この部分は数字で表すことが出来ないのは評価に悩むところだろう。

 プレミアリーグは、リーグ戦、カップ戦を含め12月から年末年始をまたいで中3日の過密日程が続いた。ローテーションは仕方ない部分もある。むしろこの期間は大切に起用されていたと思っても良いのではないか。またサウサンプトン戦での2ゴール以来ゴールから見放され、FWとしての結果が出ていないのも事実だ。

 ローテーションだったのか。パフォーマンスに満足していなかったのか。2018年1月13日に行われるリーグ戦でピュエル監督の起用法に注目したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です