2018シーズンJリーグ開幕(J2特集)

 2018シーズンのJリーグ開幕がして2週間が経過しようとしています。今週のミッドウィークにはACL、ルヴァン杯が行われ、ロシアW杯向けて徐々にサッカー熱が盛り上がってきているように感じます。今週末には第3節が行われますが、今回のコラムではJ2の試合観戦ポイントや順位予想について紹介しています。

J2観戦ポイント(2018シーズン)

 J2の観戦ポイントですが、基本的にJ1と大きく変わるところはない。昨シーズンJ2は日曜に開催されることが多かったが今シーズンは土曜日に開催される試合もあるみたいだ。だが異なる点が1点あった。2018年シーズンについては、J1はW杯開催期間中に入ればリーグ戦が中断されるが、J2は中断されずに試合が開催されることになっている点だ。

 J2の1番の注目ポイントは、J1への昇格をかけた熱い戦いが見れるところだ。昨シーズンJ1にいたクラブは最短での昇格が目標だと思うし、今シーズンのV・ファーレン長崎のように初のJ1昇格を目指すチームもあるだろう。やはりJ1とJ2では注目度が全然違うと感じている。

 次に地方にお住いの方にとっては、地元クラブチームを応援したいと思う方も多いと思う。進学や就職、異動で上京されている方にとっても地元クラブの戦況は気になりませんか?J2を楽しむためのポイントとして「地元」というキーワードは外せない。

編集長の2018シーズン順位予想

※FOOTBALLNOTE編集長によるJ2の順位予想はこうなりました!!

1位、横浜FC
2位、アビスパ福岡
3位、ジェフユナイテッド千葉
4位、アルビレックス新潟
5位、大宮アルディージャ
6位、松本山雅FC
7位、東京ヴェルディ
8位、ヴァンフォーレ甲府
9位、ファジアーノ岡山
10位、レノファ山口FC
11位、水戸ホーリーホック
12位、FC町田ゼルビア
13位、京都サンガ
14位、モンテディオ山形
15位、大分トリニータ
16位、ツエーゲン金沢
17位、愛媛FC
18位、徳島ヴォルティス
19位、カマタマーレ讃岐
20位、ロアッソ熊本
21位、FC岐阜
22位、栃木SC

あとがき

 J2開幕して2週間後に順位予想となりましたが、シーズンは長いのでお気楽にお付き合いいただければと思います。

 私は地元が岡山ですのでファジアーノ岡山の動向は気になります。元日本代表の岩政選手、加地選手、U23日本代表でリオ五輪に出場した矢島選手、豊川選手が入団してくれた時は自分の中で盛り上がっていました。今年は選手が多く入れ替わったのでどうなるのでしょう。

 J2は毎年どこか昇格するか予想は難しいのが本音。また2018シーズンからJ1昇格プレーオフが少し変わるみたいだ。

 J2で1位、2位となったチームは自動昇格するのは変わらない。しかし、3位~6位のチームで最後のイスをかけたプレーオフを勝ち上がり、最後にJ1の16位チームに勝たないと来季のJ1昇格が認められない。簡単にいえば、これまでJ1昇格枠が3枠あったが、来期からは2.5枠になったと捉えて良いだろう。狭き門となるJ1昇格に向けたJ2の熱き戦いから目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です