U-21日本代表:UAE遠征「ドバイカップU-23」

 U-21日本代表はUAE遠征で『ドバイカップU-23(11月11日~21日)』に参加し、14日にU-23ウズベキスタン、17日にU-23クウェート、20日にU-23UAEと対戦することになっている。

招集メンバー

※選手名敬称略。

[GK]

小島亨介(早稲田大学)
滝本晴彦(柏レイソル)
山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン)

[DF]

板倉滉 (べガルダ仙台)
大南拓磨(ジュビロ磐田)
立田悠悟(清水エスパルス)
橋岡大樹(浦和レッズ)
小林友希(ヴィッセル神戸U-18)

[MF]

中山雄太(柏レイソル)
三好康児(コンサドーレ札幌)
長沼洋一(FC岐阜)
伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
藤谷壮 (ヴィッセル神戸)
岩崎悠人(京都サンガ)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
菅大輝 (コンサドーレ札幌)
齋藤未月(湘南ベルマーレ)
伊藤洋輝(ジュビロ磐田)
久保建英(横浜F・マリノス)

[FW]

小川航基(ジュビロ磐田)
上田綺世(法政大)
田川亨介(サガン鳥栖)

【怪我で辞退】
滝本晴彦(柏レイソル)
田川亨介(サガン鳥栖)
齋藤未月(湘南ベルマーレ)

【追加召集】
谷晃生 (ガンバ大阪)
神谷優太(愛媛FC)
旗手怜央(順天堂大)

あとがき

 森保監督は国際Aマッチデーのためフル代表で指揮を執るため、横内コーチが監督代行を務めることになった。

 2018年8月に開催されたアジア大会で、本来なら23歳以下の選手が出場可能のところを、2年後の東京オリンピックを視野に21歳以下の構成で準優勝を果たしたメンバーに、AFC U-19選手権でFIFA U-20W杯の出場権を獲得したメンバーが融合した。

 既にJリーグの所属チームでもコンスタントに出場機会を得ている選手も多い。
 A代表に招集されている堂安選手と冨安選手は、東京オリンピック世代ということもあり、U-21代表の注目度が増してきている。

ABOUTこの記事をかいた人

FOOTBALL NOTE編集長。1983年6月13日生まれ。岡山県出身。フットボールをテーマにした読者の知的好奇心を刺激するコンテンツ作りに着手し「FOOTBALL NOTE」を立ち上げる。コンセプトは「世界のフットボール情報がここにある」※お問い合わせはコチラからどうぞ