日本代表:Road to カタール(16)国際親善試合[2019年6月開催]メンバー発表

 6月5日(水)トリニダード・トバゴ代表、6月9日(日)エルサルバドル代表と対戦する日本代表メンバーが発表された。

招集メンバー

[GK]

川島永嗣(ストラスブルク/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

[DF]

長友佑都 (ガラタサライ/トルコ)
槙野智章 (浦和レッズ)
酒井宏樹 (マルセイユ/フランス)
昌子源  (トゥールーズ/フランス)
室屋成  (FC東京)
植田直通 (セルクル・ブルージュ/ベルギー)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
中山雄太 (ズウォレ/オランダ)
冨安健洋 (シントトロイデン/ベルギー)

[MF]

香川真司(ベシクタシュ/トルコ)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
柴崎岳 (ヘタフェ/スペイン)
伊東純也(ゲンク/ベルギー)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
守田英正(川崎フロンターレ)
堂安律 (フローニンゲン/オランダ)
久保建英(FC東京)

[FW]

岡崎慎司(レスター/イングランド)
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

◆編集長の視点


 国際Aマッチデーということで、協会側に拘束力があり、クラブ側には派遣義務があるため、怪我やコンディション不良の選手を除いた現状のベストメンバーが、今回招集されたと思って良いだろう。

 2019アジアカップのメンバーをベースに、ロシアW杯組、3月の親善試合で評価が高かった選手、期待の若手と、バランス良い構成になっている。

 川島選手と岡崎選手の招集は意外だった。
 森保監督になって初めてメンバー入りしたが、コパアメリカ出場メンバーにも入っているので、代表常連だったベテランの経験をチームに還元してほしい。

ABOUTこの記事をかいた人

FOOTBALL NOTE編集長。1983年6月13日生まれ。岡山県出身。フットボールをテーマにした読者の知的好奇心を刺激するコンテンツ作りに着手し「FOOTBALL NOTE」を立ち上げる。コンセプトは「世界のフットボール情報がここにある」※お問い合わせはコチラからどうぞ