【FIFA】W杯開催国はグループリーグ突破の可能性が高い!?

 サッカーはホームが有利と言われているが、それはW杯でも少なからず反映している。

 日本代表が初めて決勝トーナメント進出を決めたのは、自国開催だった2002年が初めてだった。1998年フランス、2006年ドイツ、2014年ブラジルと、他国開催ではグループリーグで敗退しているように自国開催のメリットはある。

 これまでのW杯開催国の結果を振り返ってみよう。

【W杯開催国成績一覧】

開催年 開催国 成績
1930年 ウルグアイ 優勝
1934年 イタリア 優勝
1938年 フランス ベスト8
1950年 ブラジル 準優勝
1954年 スイス ベスト8
1958年 スウェーデン 準優勝
1962年 チリ 3位
1966年 イングランド 優勝
1970年 メキシコ ベスト8
1974年 西ドイツ 優勝
1978年 アルゼンチン 優勝
1982年 スペイン 2次リーグ敗退
1986年 メキシコ ベスト8
1990年 イタリア 3位
1994年 アメリカ ベスト16
1998年 フランス 優勝
2002年 日韓共催

日本;ベスト16

韓国;ベスト4

2006年 ドイツ 3位
2010年 南アフリカ グループリーグ敗退
2014年 ブラジル 4位
2018年 ロシア

 

あとがき

 ここまで開催されたW杯での開催国のグループステージ(旧1次リーグ)突破の可能性は95%。

 現行のルールでは、開催国は第1ポットに振り分けられるため、グループリーグ突破がやや容易になる傾向もある。

 ちなみにだが、開催国でグループリーグ(旧1次リーグ)を突破できなかったのは、2010年の南アフリカだけ。

 2018年ロシアはグループリーグを突破できるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です