日本代表:2018ロシアW杯特集(38)コロンビア戦直前予想!

 いよいよ本日21時からコロンビア戦です。

 今回のW杯では、ブラジル、ドイツ、アルゼンチンと大本命が初戦から苦戦しているので、
日本代表にもチャンスがあると思っています!

 今回の内容は、コロンビア戦直前予想先発とフォーメーションについて述べています。

予想先発とフォーメーション

(4-2-3-1)
       大迫勇也

  乾貴士  香川真司  原口元気

    長谷部誠  柴崎岳

長友佑都 槙野智章 吉田麻也 酒井宏樹

       川島永嗣

予想スコア

 日本 2-2 コロンビア 

※引き分けで勝ち点1。

編集長の視点

 まずは守備から入って最初の15分を無失点で凌いでほしいです。
 そして走力では負けてほしくない。守備といっても受け身になるより、アグレッシブな守備を期待したい。

 ただ「守る」一辺倒では善戦はしても勝つことはできない。
 フィジカルで劣る日本が90分間コロンビアの攻撃を凌ぐことは難しいだろう。守りながらどのように攻撃に移っていくのか。

 乾選手、原口選手のドリブルが攻撃の要になると考えています。組織的に守る中で、要所は個の力で崩せないと格上相手に勝利することは難しい。

 また今回のW杯では、セットプレーからの得点が多く生まれています。セットプレーのキッカーも務めることが予想される柴崎選手に注目です。

 ここまで各グループの試合を観てきましたが、試合を振り返ると活躍している選手は20代後半から30代前半の選手が多い気がします。主力の年齢が近い日本代表選手にもチャンスがあるのでは?と思っています。

 4年前のコロンビア戦、上げることができなかったディフェンスライン。
 試合展開にもよるが、勇気を持って上げることができるのか。ブラジルW杯の時と同じ結果は望んでいません。止まってしまった時計の針を再び動かしてほしいとサポーターの1人として願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です