日本代表:2018ロシアW杯特集(3)セネガル戦予想フォーメーション

 日本代表:2018ロシアW杯特集(1)代表選出メンバーを大胆予想!にてFOOTBALL NOTE編集長が考える、ロシアW杯日本代表選出予想メンバーからフォーメーション予想もおこなってみた。第2回目はグループリーグ2戦目で対戦するセネガル。

FOOTBALL NOTE編集長が考える日本代表予想フォーメーション(セネガル戦)

 『4-2-3-1のフォーメーションを採用』

 従来の4-3-3より4-2-3-1を採用。
 予想先発と選手の並びイメージは下記の通り。(※敬称略)

===================

       大迫勇也

  原口元気  清武弘嗣  本田圭佑

    今野泰幸   長谷部誠

長友佑都 槙野智章 吉田麻也 酒井宏樹

       川島永嗣

===================

[フォーメーション解説]  4-2-3-1のフォーメーションで良いと考える。試合状況によっては4-3-3にしても大丈夫なメンバー構成にした。タテに速いサッカーも良いが、中盤でボールを落ち着かせる選手を置くことで相手のスピードに合わせず日本のリズムで試合を進めることが大切だ。

 中盤の構成を長谷部選手、今野選手で並べたのは経験値の高さを期待したから。試合を落ち着かせることやチームバランスを安定させるためには欠かせない2人だ。

 アフリカ勢は集中力にムラがあるので、90分間のうちに必ず日本にチャンスは訪れる。その時に勝負に出れるかどうかがこの試合のポイントになるだろう。それまで日本が無失点で耐えていて、カウンターから得点を奪うことが出来れば勝機が見えてくるのではないか。

[交代出場予想] (乾選手)
 サイドの選手には前半から飛ばしてもらわないと対等に戦えない。原口選手は攻守によく走るイメージがあるので、疲れたら交代という割り切った考えも必要となる。

(岡崎選手or香川選手)
 試合の流れによって異なるが、ディフェンスラインのウラのスペースが狙えそうなら岡崎選手。中盤にスペースがある場合は、細かくパスをつないで崩していけそうなら香川選手。この試合は絶対に勝ち点3が必要となるので、攻撃的な選手を早めに投入して勝負に行ってほしい。

(酒井高徳選手)
 ボランチに1枚フレッシュな選手を入れて中盤でボールを奪ってからのカウンターで追加点狙う。交代で入った選手がチームを鼓舞して、最後まで走り負けないサッカーをしてほしい。

[キープレイヤー]  注目は酒井宏樹選手と長友佑都選手。
 リバプールに所属するマネ選手、モナコに所属するケイタ選手、この強力ウィンガーを相手に自由にプレーさせなければ勝機は見えてくるのではないか。おそらく酒井選手がマネ選手と、長友選手がケイタ選手とマッチアップになると予想している。

セネガル戦の注目ポイント

 日本にとって是が非でも勝ち点3がほしいところだが、主力のほとんどがヨーロッパのクラブでプレーしているので簡単な試合にはならない。マネ選手、ケイタ選手といった攻撃陣が注目されるが、中盤のゲイェ選手、クヤテ選手、センターバックのクリバリ選手とタレントは揃っている。だが、守備陣はボールウォッチャーになりやすいのでウラのスペースに飛び出したり、攻撃の部分での連動性が上手くはまればチャンスは作れそうだ。

備考

【試合開始時間】

日本対セネガル戦は、2018年6月25日(月)0時キックオフ予定(日本時間)

【関連記事】

日本代表:2018ロシアW杯特集(2)コロンビア戦予想フォーメーション
日本代表:2018ロシアW杯特集(1)代表選出メンバーを大胆予想!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です